今回はブレーカーの種類について説明します。

 

スポンサーリンク

MCCB、MCBの違いは?

電気

MCCB、MCBとは?

MCCB、MCBの正式名称は「Molded Case Circuit Breaker」です。

 

それぞれの頭文字を取って「MCCB または MCB」と表記します。

 

MCCB、MCBはどちらも「配線用遮断器」のことを指しますが、それぞれ異なるものを指す場合があります。

 

そのため違いを理解した上で、両者を使い分ける必要があります。

 

MCCB、MCBの違いは?

単に配線用遮断器を指す場合、従来は「MCB」と略すことが多かったのですが、最近は「MCCB」と呼ぶことが一般的です。

 

なぜならば、MCBは「ミニアチュア サーキット ブレーカ(Miniature Circuit Breaker)」のことを指すため、両者を区別するためにビルや工場などで用いられる一般的な配線用遮断器を「MCCB」と呼ぶことが多いです。(「ミニアチュア サーキット ブレーカ」についてはこのあと説明します)

 

しかし現場によっては配線用遮断器すべてを「MCB」と呼ぶ人もいるため、状況に応じてどちらを指しているのか理解するようにしましょう。

 

MCBは「ミニアチュア サーキット ブレーカ」のこと!状況に応じて使い分けよう!

 

ミニアチュア サーキット ブレーカ(MCB)とは?

「ミニアチュア サーキット ブレーカ」ってなに?

 

「ミニアチュア サーキット ブレーカ(MCB)」とは、家庭用に使用される小型のブレーカーのことです。

 

そのため、ビルや工場などの事業所で使用されるものを一般的にMCCB、アパートや自宅で使用される小型のものをMCBと区別します。

 

ELCB、ELBの違いは?

ELCB、ELBとは?

ELCBとELBは略し方の違いでどちらも同じ「漏電遮断器」のことをいいます。

 

さきほどのMCCB、MCBは両者に違いがありましたが、ELCB、ELBは略し方が違うだけで全く同じものを指します。

 

ELCB、ELBの違いは?

ELCBは「Earth Leakage Circuit Breaker」の略称です。

 

ELBは「Earth Leakage Breaker」の略称です。

 

MCCB、MCBとは異なり、ELCB、ELBはどちらもまったく同じものを指しているので、会社や現場で使われている方を使えば大丈夫です。

 

MCCB、MCB、ELCB、ELBの用途は?

MCCB、MCBには漏電を検知・遮断する機能がない

MCCB、MCBには漏電を遮断する機能がありません。

 

そのため漏電のおそれがある設備(洗濯機、冷蔵庫、一般コンセントなど)に使用するのに向いていません。

 

照明器具など水気がなく、漏電のおそれがない設備にのみ使用しましょう!

 

水気がある場所、漏電のおそれがある設備には漏電遮断器

ELCB、ELBには漏電検知機能が備わっているため、幅広い用途で使用することができます。

 

特に洗面所やお風呂場など、水気の多い場所には必ず漏電遮断器を使用しましょう!

 

一般コンセントにも可能な限り漏電遮断器を使用することをおすすめします。

 

配線用遮断器、漏電遮断器を用いる際は保護強調を忘れずに!

配線設計の際に、配線用遮断器または漏電遮断器の選定が済んだ後は、上位のブレーカーと保護強調が取れているかも確認しましょう。

 

特に見落としがちなのが、漏電電流(mA)の保護強調です。上位(一次側のブレーカー)が30mAの場合、下位(二次側のブレーカー)は15mAまたは30mAとし、100mAなど上位より大きい値のものは選ばないように注意しましょう!

 

さいごに:正しい知識を持って安全に作業を!

 

最後にまとめです!
MCCB、MCB、ELCB、ELBとは

  • MCBは小型の配線用遮断器(ブレーカー)を指す
  • MCCBはビルや工場などの一般的な配線用遮断器を指す
  • ELCB、ELBは略し方の違いでまったく同じものを指す

現場で作業をする上で正しい知識を持つことはとても大切です!

 

技術力も重要ですが、正しい知識と経験こそが日々の安全に繋がります。

 

積極的に知識の習得に努めましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事