電気の資格はどんなものがあるかご存知ですか?

 

生活に身近な電気ですが、扱うためにはいくつもの資格があります。

 

特に最近は特別高圧や高圧という高電圧で受電するビルやマンションが増えており、電気資格保持者の市場価値は年々増えています!

 

ぜひみなさんも資格を取得し、ご自身の市場価値を高めませんか?

 

スポンサーリンク

近年の技術者に求められている能力とは

近頃は、なんでも電動化、自動化が進んでいます。

 

ロボット、電動自動車、AIなど何でも電気で動く時代です。

 

技術が高度化すればするほど使用する電気量も増え、効率的に電気を受電するために特別高圧や高圧規模の電気設備が増加します。

 

そのため、技術者に求められる能力として今まで以上に、電気の知識を持つことが求められています。

 

実は電気の資格はこんなにある!

電気の資格をご紹介します!

 

第1種電気工事士

電気工事をするための資格が電気工事士です。

 

電気工事士には工事の種類に応じて必要な資格が異なります。

 

第1種電気工事士は特殊な工事を除いてすべての電気工事を行うことができます。

 

そのため、工業高校や高等専門学校、大学の工学部電気学科の学生の多くが取得を目標に勉強しています。

 

第2種電気工事士

先ほどと続いて電気工事のための資格に第2種電気工事士があります。

 

第1種に比べて取得難易度は下がりますが、できる工事の範囲も制限されます。

 

第2種の場合、主に100V回路や200V回路のコンセントや照明工事がメインになります。

 

そのため、400V回路や600V回路の低圧回路を工事する場合は第1種電気工事士の資格取得が必要になります。

 

第1種、第2種に共通して言えることですが、資格取得のための条件は特になく、会社員でも公務員でも学生でも主婦でも、誰でも受験可能です!

 

また試験の内容は大きく分けて2種類があり、一次試験の筆記試験と二次試験の実技試験から構成されます。

 

筆記試験の難易度としては、工業高校レベルの電気回路の理論、誘導機、同期機などの機械系の知識、電力受給や送電、配電、変電に関する基礎知識、また関連法規の理解度が問われます。

 

合格には一次試験と二次試験どちらも合格することが必要ですが、一次試験を一度合格すれば、来年度以降は免除となるため、計画を立てて今年は一次試験だけ突破するといったことが可能です。

 

第1種電気主任技術者

次に、電気主任技術者についてお話しします。

 

資格試験の中では電験と略されることが多い、電気主任技術者ですが、電気業界ではもっとも権威のある資格とされています。

 

さきほどの電気工事士が工事を実際にするための資格であったのに対して、電気主任技術者は電気工事の監督者としての資格であり、電気工作物の工事、維持、保全のトータルの安全を確保するために経済産業省が取得を義務付けている国家資格になります。

 

また経済産業書が定める法令により、高圧以上で受電するビルや自家用電気工作物、変電所には必ず専任の電気主任技術者を置くことが義務付けられているため、転職市場でも求人数が他の資格よりも多いのがメリットと言えます。

 

その中で第1種電気主任技術者は、主に電力会社の大規模発電所の所長や変電所の責任者が持つことになっており、求人要件も恵まれています。

 

ただし、資格試験は非常に難しく、まずは下位の2種や3種が取るとよいでしょう。

 

第2種電気主任技術者

先ほどの1種と異なるのは、大規模な発電所は管理ができず、資格の範囲は17万ボルトまでになっている点です。

 

それ以外は1種と同様の効力を持っているため、工場やマンションなど、需要家設備を多く持つ企業ではニーズがあります。

 

ちなみに、私もこの資格を大学時代に取得しました。

 

取得したときは参考書を3周以上し、問題集で過去問を手当たり次第解き、何が出題されても対応できるよう努力しました。

 

資格の合格率は全体で10パーセントを切るため、非常に難易度の高い資格と言えるでしょう!

 

第3種電気主任技術者

実は一番人気があるのが第3種電気主任技術者です。

 

1種や2種ほどの難易度ではありませんが、電気工事士よりもはるかに難易度の高い資格であり、こちらも合格率が10%程度と非常に難易度の高い資格です。

 

早い人は高校生で取得しますが、中には10回受けても受からず、諦める人もいます。

 

ただし、この資格があれば正社員として就職が容易になるため、ぜひ狙ってみるとよいでしょう!

 

エネルギー管理士

電気の資格で近年、知名度が上がってきたのがエネルギー管理士です。

 

エネルギーをたくさん使う事業所で設置が必須となっているエネルギー管理士ですが、国家資格であり難易度は電気主任技術者と同程度となっています。

 

多くの方が一緒に受ける資格ですので、こちらも合わせて取れるよう頑張りましょう!

 

まとめ

技術者に求められる資格はICTだけではありません。

 

特に電気、エネルギー関連の資格は昔からありますが、近年注目度がさらに高まっています。

 

せっかく資格取得するのであれば、市場価値の高まる資格を選びましょう!

 

特に国家資格は難易度は高いですが、一度取れば効果がずっと続くため長い目で見れば必ずプラスになるはずです。

 

おすすめですので、ぜひ取得できるよう頑張りましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事