こんにちは!

 

今回はOB訪問についてお話しします。

スポンサーリンク

OB訪問とは

はじめにOB訪問についてご説明します。

 

OB訪問とは、文字通り大学の卒業生(OB)にアポを取って訪問し、職場の様子や就職活動の相談をすることをいいます。

 

よくあるパターンは次の3パターンです。

  1. 自分でOBを探す
  2. 大学が紹介してくれる
  3. 企業が紹介してくれる

自分でサークルやバイトの先輩にお願いすることもできますが、今多いのは大学や企業がOBを紹介してくれるパターンです。

 

また、企業の場合、大学のOBに限らず企業が社員を紹介してくれたり、就活生が会いたい社員を選んで申し込むことができます。

OB訪問のメリットとは

そもそも、OB訪問をするメリットとはいったい何でしょうか。

OB訪問のメリット

  1. 実際に働く社員に会うことで本音が聞ける
  2. エントリーシートの添削をしてもらえる
  3. 面接で使える「ネタ」ができる

実際に働く社員に会うことで本音が聞ける

企業のホームページや就職四季報を見ても企業の本当の姿はわかりません。

 

また、転職サイトでその企業を退職した方や辞めようと思ってる方が口コミを投稿しています。

 

参考になることも多いですが、正しい情報がどうか見極めが非常に難しいという欠点があります。

 

OB訪問の場合、実際にその企業で働く社員と直接会話することができるため、社員の本音が聞きやすいメリットがあります。

 

またOB訪問を受ける側としても、せっかく会いにきてくれた学生に対しては丁寧に教えてあげたくなるものです。

 

もし対応が雑な先輩だった場合、あまり良い企業ではありませんので、そんな企業はこちらから辞退しましょう!

エントリーシートの添削をしてもらえる

OB訪問する際、必ずエントリーシートは持参しましょう!

 

エントリーシートがなくても、必ず「志望動機」「自己PR(=学生時代頑張ったこと)」を持参し、見てもらうようにします。

 

OBも就活経験者のため、エントリーシートを作成することがどんなに大変か知っています!

 

またほとんどの社員がOB訪問をした経験があるため、OB訪問であればエントリーシートを添削するものだと思っています。

 

積極的に添削をお願いしましょう!

 

できればメールでOB訪問を依頼する際に、当日エントリーシートを持参するため添削して欲しいと伝えておくのがベストです。

 

人によっては時間をかけて見たいという熱心な人もいますので、先に送って欲しいと言われるかもしれませんが、それは絶好のチャンスですので有効活用しましょう!

面接で使える「ネタ」ができる

面接のときによく、「OB訪問はしましたか」、「(OB訪問をした場合)何回しましたか」と質問されることがあります。

 

その際、「OB訪問はしていません」と回答する学生は、問答無用で志望度が低いと思われます。

 

学生の中には、インターネットや就職四季報などで企業研究はしているから大丈夫だろうと思っている人も多いと思います。

 

ですが、面接官からすると、「一生働く会社のことを調べるのに、家でパソコンで調べただけ?」と考えます。

 

また、パソコンで調べた情報は就活生みんなが知っている情報です。

 

なんの差別化にもなっていませんし、面接官もそれが会社のホームページの情報だと知っています。

 

内定を獲得する学生そうでない学生との差は行動力の差です。

 

OB訪問をして自分だけのキラーワードを必ず用意しましょう!

OB訪問のデメリットとは

OB訪問にデメリットはありません!

 

たまに時間がもったいないという学生がいますが、それは面倒なことから逃げているだけです。

 

OB訪問をすることで自信もつき、面接でも堂々と質問に答えることができます。

 

デメリットはないと思って、積極的にOB訪問しましょう!

まとめ

OB訪問にデメリットは一切ありません。

 

自己分析が終わってからOB訪問をするのではなく、自己分析の一つとしてOB訪問を活用するのがベストです!

 

早い時期であればあるほど、OBもアドバイスがしやすいです。

 

またOBのハードルも低くなるため、完成度が低くても一度見てもらい、そこからアドバイスをもらった方が圧倒的に効率が良いです。

 

OB訪問は早い時期からはじめ、志望度が高い企業は複数回実施するようにしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事