勉強法

中学生の定期テストはいつから勉強すべき?高得点を取るのに必要な勉強時間を解説

中学生の定期テストはいつから勉強すべき?高得点を取るのに必要な勉強時間を解説
すた子
すた子
定期テストの勉強はみんないつから始めてるの?
勉強に必要な時間を教えてください。
新人先生
新人先生
定期テストの「1か月前」から始めるのが理想です!
部活で忙しい人でも2週間前には本格的に始動しましょう。

中学生の定期テストは高校受験にも大きく影響します。

定期テストは「勉強のやり方」次第で成績が飛躍的にアップ。

今すぐ成績を上げたい方はぜひこの記事を参考にしてください。

定期テストの勉強法
  • 定期テストの勉強は「試験の1か月前」がベスト
  • 部活で忙しい人でも2週間前から本格的に始動する
  • 平日は2時間、休日は5時間で「週20時間」を目標に取り組む

中学生は部活が忙しく、なかなか勉強時間を確保できません。

周りもみんな大変だからこそ「スキマ時間」を有効に使うことが重要です。

電車での移動時間や学校の休憩時間にコツコツ勉強することで成績も上がっていきます。

ベテラン先生
ベテラン先生
スキマ時間にサクッと勉強できる教材があると便利!
英単語帳やタブレット学習など自分にあった教材を見つけましょう。

【関連記事】
高校受験におすすめの参考書・問題集ランキング【5教科まとめ】

中学生の定期テストはいつから勉強すべき?

中学生の定期テストはいつから勉強すべき?
すた子
すた子
定期テストの勉強はいつから始めればいいの?
新人先生
新人先生
勉強をはじめる目安は「試験の1か月前」。
数学や理科など計算問題は時間がかかるため早めに取り掛かりましょう。

中学生の定期テストは試験範囲も広く、必要な勉強時間も増えます。

5教科すべて高得点を取るなら試験の1か月前から勉強を始めましょう。

テスト勉強をはじめる時期
  • 理想は「1か月前」から勉強を開始する
  • 部活で忙しい人はスキマ時間をうまく活用する
  • 遅くても2週間前には本格的に試験勉強を始める

数学や理科の計算問題は勉強するのに時間がかかります。

1か月前から勉強をはじめ、まずは時間のかかる計算問題から取り掛かりましょう。

理系科目が苦手な人はスタディサプリ中学講座など解説付きの動画学習を活用することで時短につながります。

部活で忙しい人はスキマ時間を有効に使うことが大切。

英単語帳や動画学習を活用して空き時間に5分ずつコツコツ勉強していきましょう。

ベテラン先生
ベテラン先生
問題集を何冊も買うより人気の動画学習ならプロ講師の講義動画が見放題&問題演習も解き放題!
スタディサプリ中学講座なら14日間無料で体験することもできます。

スタディサプリ中学講座を14日間無料で体験する(公式サイト)

【関連記事】
スタディサプリ中学講座のキャンペーンコードを完全解説

中学定期テストで高得点を取るのに必要な勉強時間は?

中学定期テストで高得点を取るのに必要な勉強時間は?
すた子
すた子
定期テストの勉強はみんな何時間くらいやってるの?
新人先生
新人先生
1日1時間勉強すれば平均点以上は取れます。
しかしそこで満足せず、1日2時間勉強すれば高得点も狙えます。

定期テストの勉強時間は人によって大きく差があります。

実はほとんど勉強せずに定期テストを受験する人も少なくありません。

定期テストの勉強時間
  • 中学生の3人に1人は勉強しない
  • 勉強している人でも1日1時間程度がほとんど
  • ほんの一部の人だけが1日2時間以上勉強している

1日1時間勉強すれば平均点以上は取れますが上位を取るのは難しいです。

しかし1日2時間勉強すれば周りの多くの人に差をつけることができます。

理想的な勉強時間
  • 平日:2時間
  • 休日:5時間
  • 1週間で合計20時間が目安

理想的な勉強時間は平日2時間、休日5時間。

平日は部活や習い事で時間が取れない人は休日の時間の使い方が重要です。

「平日は空き時間や寝る前に1時間、休日は頑張って8時間」など自分にあった勉強リズムを見つけましょう。

慣れるまでは大変でもリズムが作れれば生活に定着していきます。

「勉強が苦手」「5分も集中できない」という方は動画学習が断然おすすめ。問題集1冊程度の料金で講義動画が見放題で問題演習も解き放題。

勉強習慣がついていない人ほど問題集や参考書より「動画学習(アプリ学習)」がおすすめです。

たとえばスタディサプリ中学講座なら月額2千円程度で中学3年間の定期テスト対策はもちろん、小学校の総復習から高校3年まで先取り学習が可能。

5教科1万問以上の演習問題が解き放題で問題集を購入する必要もありません。

ベテラン先生
ベテラン先生
独学で勉強できる人は問題集、勉強が苦手な人は動画学習がおすすめ!
スタディサプリ中学講座なら料金も安く、演習問題も豊富でコスパ抜群です。

スタディサプリ中学講座を詳しく見る(公式サイト)

【関連記事】
スタディサプリ中学講座のキャンペーンコードを完全解説

中学定期テスト対策の計画の立て方

中学定期テスト対策の計画の立て方
すた子
すた子
定期テストの勉強は毎日何をすればいいの?
新人先生
新人先生
テスト勉強で対策なことは計画を立てること!
早めに計算問題を勉強して直前は暗記問題を集中的に勉強しましょう。

定期テストの日程が決まったらまず勉強の計画を立てましょう。

試験までの日数が多ければ多いほど余裕のある計画を立てることができます。

定期テストまで【1か月】時間がある場合
  • 1か月前〜3週間前:数学・理科の計算問題を集中的に学習
  • 3週間〜2週間前:英単語の暗記や社会の用語を暗記
  • 2週間〜1週間前:試験範囲の教科書を3回以上くりかえし読む
  • 1週間前〜試験当日:問題演習を中心に総復習

時間がかかる計算問題をはじめに勉強しておくことがとても重要。

試験直前にやろうとすると勉強が終わらず、テストの点数も伸びません。

計算問題が苦手なひとは「基本問題」を繰り返し解きましょう。難しい問題を1問解くより簡単な問題を2問解く方が実力がつきます。

「部活が忙しくて時間が取れない」という人も2週間前から少しずつ勉強をスタートしましょう。

忙しい人は1回5分から学習できるスタディサプリ中学講座などの動画学習を使うと便利です。

定期テストまで【2週間】時間がある場合
  • 2週間〜1週間前:試験範囲の教科書を3回以上くりかえし読む
  • 1週間前〜試験当日:計算問題は基本問題を中心に、残りは暗記問題を集中的に勉強する

2週間で5教科すべて対策するのは現実的に困難です。

ある程度メリハリをもって、点数に直結する部分を集中的に勉強するのが効果的です。

定期テストの勉強で一番効果があるのが「教科書を繰り返し読む」こと。内容の理解はもちろん単語や漢字、文法もいっしょに暗記することができます。
ベテラン先生
ベテラン先生
できるだけ勉強時間を増やせれば計画にも余裕が出てきます。
勉強が苦手な人ほど「勉強期間を長くとる」ことで気持ちもラクになります。

【関連記事】
中学生の定期テストと内申点の関係は?高校受験に影響するかを解説

まとめ|中学生の定期テストはいつから勉強すべき?高得点を取るのに必要な勉強時間を解説

まとめ|中学生の定期テストはいつから勉強すべき?高得点を取るのに必要な勉強時間を解説
新人先生
新人先生
最後にこの記事のまとめです。
この記事のまとめ
  • 中学生の定期テストは勉強すればだれでも成績は上がる
  • 高得点を取るには「正しい勉強方法」が必須
  • 高得点を狙うなら「スタディサプリ中学講座」がおすすめ

中学生の定期テストは高校受験にも影響します。

「定期テストの勉強をしておけばよかった」と後悔しないためにも今から勉強を始めましょう。

ベテラン先生
ベテラン先生
定期テストは受験と違って範囲が限定されています。
1日で全範囲は難しくても2週間程度あればだれでも高得点を取ることは可能です!

高校受験の出題範囲は中学3年生までの全範囲が対象。

しかし定期テストは23か月分、または半年分の授業範囲のみ。

そのため一夜漬けでは難しくても、2週間から1か月コツコツ勉強すればだれでも十分対策することができます。

定期テストで高得点を取るポイント
  • 暗記系は教科書を「3回以上」繰り返し読む
  • 計算系は基本問題を中心に何度も解く
  • 問題集を厳選して「試験にでる問題」を勉強する

定期テスト対策には「正しい勉強方法」があります。

まずは教科書をしっかり読み込むことが王道の勉強法。

「教科書を暗記するレベル」が理想ですが、少なくても3回は試験範囲を音読しましょう。

また計算問題は徹底的に基本問題を解くことが大切。

基礎ができていないと結果的に応用力がつかず、問題のパターンがかわると対応できません。

新人先生
新人先生
暗記系は「教科書の暗記」が鉄則!
計算系は「教科書・ワークの基本問題」を確実に解けるレベルにしましょう。

「定期テストの勉強をしたいけど集中力がつづかない」という人はアプリ学習がおすすめです。

ずっと教科書や問題集を眺めていても集中力が下がり、やる気もなくなります。

アプリ学習なら動画学習やゲーム感覚での問題演習で効率よく学習することが可能。

特に「独学では不安」、「勉強が苦手でわからないところばかり」という人こそアプリ学習で成績は一気に伸びていきます。

アプリ学習のポイント
  • わかりやすい動画解説とやる気が高まる学習機能が豊富
  • スタディサプリ中学講座なら月額2千円程度で講義動画が見放題&テストによく出る演習問題が解き放題
  • 長年人気の進研ゼミ中学講座なら学習に特化した専用タブレットで長時間集中して学習可能

実は問題集や参考書を何冊も買うよりアプリ学習の方が料金が安くなる場合もあります。

たとえばスタディサプリ中学講座なら定期テスト対策に特化した講義動画が見放題&1万問以上の演習問題が解き放題で月額2千円程度。

さらに、中学3年間だけでなく、小学4年から高校3年までのすべての講義動画を視聴することができます。

小学校から高校まで各教科の問題集や参考書を買うと数万〜10万円以上かかります。アプリ学習ならプロ講師の解説付きで月額2千円程度で好きなだけ勉強することができます。

アプリ学習で人気なのは「スタディサプリ中学講座」と「進研ゼミ中学講座」。

それぞれ特徴が異なるため、自分にあう方を選択しましょう。

アプリ学習の選び方

講座選びに迷ったらスタディサプリ中学講座がおすすめです。

14日間無料で体験ができるため、実際に使ってから始めることができます。

無料体験中に解約すれば費用は一切かかりません。解約はネットから簡単にできるため安心です。

今すぐスタディサプリ中学講座を14日間無料で体験する(公式サイト)

進研ゼミ中学講座は今なら「無料体験教材」をプレゼント中です。

公式サイトの「無料体験教材・資料請求」からすぐにもらえるため、この機会にゲットしておきましょう。

今すぐ進研ゼミ中学講座の無料体験教材をもらう

ベテラン先生
ベテラン先生
アプリ学習は定期テスト対策に最適!
料金も安いため、興味がある方はぜひ一度体験してみましょう。

【関連記事】
【中学生】定期テストの勉強法は?おすすめの学習教材をランキングで紹介