わたしは20代になってから薄毛(M字ハゲ)が進行したことをきっかけに薄毛・抜け毛予防に興味を持ちました。

 

今回は薄毛・抜け毛予防に効果がある食べ物と、逆に食べると薄毛が進行するおそれがある食べ物をまとめました。

 

現在髪の毛に悩みがある人も将来のために対策したいと思っている人も、ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

食べるとハゲる!?薄毛・抜け毛の原因になる食べ物とは?

髪にもっとも良くないのは「脂肪分」

実は髪に良くない食べ物があります。

 

それは「脂肪分」を多く含む食べ物です。

 

頭皮の下に皮脂腺というものがあり、そこから分泌される皮脂は、頭皮を健康に保つためにとても重要な役割があります。

 

しかし、脂肪分を摂り過ぎると皮脂腺から分泌される皮脂の量が急激に増え、脂漏性脱毛の原因になります。

 

そのため、脂肪分を多く含む食べ物には注意しましょう!

 

脂肪分を多く含む食品とは

脂肪分を多く含む食品の例は次の通りです。

脂肪分の多い食品例

  • 牛肉(サーロイン、あばら肉)
  • あんこうのきも
  • フォアグラ
  • マヨネーズ
  • バター・マーガリン
  • たまご(卵黄)
  • ベーコン
  • しめさば
  • マカダミアナッツ・くるみ
  • フライドポテト

 

脂肪分を多く含む食品の摂り過ぎには注意しましょう!

 

薄毛・抜け毛予防に効果がある食べ物とは?

「亜鉛」が髪の成長に効果あり!

亜鉛には、髪の毛の主成分である「ケラチン」を作り出す機能があり、薄毛・抜け毛予防にとても効果があります!

 

そのため普段の食事から亜鉛を含む食品をこまめに摂取することが大切です。

 

亜鉛を多く含む食品とは

亜鉛を多く含む食品の例は次の通りです。

亜鉛を多く含む食品例

  • 魚介類・牡蠣
  • レバー(豚・牛・鶏)
  • チーズ
  • うなぎ
  • ほたて貝

 

亜鉛は髪の成長に欠かすことができない重要な栄養素です!

 

摂り過ぎる必要はありませんが、普段の食事から意識して取り入れるようにしましょう。

 

また食事での摂取が難しい方は、サプリメントでも大丈夫ですので、積極的に栄養補給しましょう!

 

DHC 亜鉛 60日分 60粒

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥399 (2019/05/02 10:37:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

亜鉛の効果を高めるためにビタミンB群(B2・B6)、ビタミンCも一緒に取り入れましょう!

 

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥310 (2019/07/18 20:13:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥498 (2019/05/13 20:00:52時点 Amazon調べ-詳細)

「タンパク質」が髪の毛の元!

髪の毛にはタンパク質が必要不可欠です!

 

亜鉛で髪の毛の育成をサポートするとともに、上質のタンパク質を摂取して元気な髪の毛を作りましょう!

 

上質なタンパク質を多く含む食品とは?

アミノ酸を含む上質なタンパク質を多く含む食品は次の通りです。

タンパク質を多く含む食品例

  • 肉類
  • 魚介類
  • 卵類
  • 大豆製品
  • 乳製品

 

まとめ:亜鉛とタンパク質で薄毛・抜け毛対策をしよう!

 

髪の毛のためにはバランスの良い食事が必要です。

 

そのなかで亜鉛、ビタミン、タンパク質を意識的に取り入れ、日頃から薄毛対策をしましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事