指定校推薦

早稲田大学の指定校推薦は落ちる?合格に必要な評定平均や共通テストを解説

早稲田大学の指定校推薦は落ちる?合格に必要な評定平均や共通テストを解説
すた子
すた子
早稲田大学の指定校推薦に興味があります。
必要な評定や条件を詳しく教えてください。
新人先生
新人先生
指定校推薦の条件は大学や学部によってかなり違います。
この記事では早稲田大学の指定校推薦をどこよりも詳しく解説します!

早稲田大学に一般入試で合格するのはかなり困難。

慶應義塾大学と同じく東京大学をはじめとする難関大志望者が併願受験するため、倍率以上に合格は大変です。

しかし、指定校推薦なら誰にでも合格できる可能性があります。

指定校推薦で合格するまでの手順
  • 早稲田大学公式パンフレットを無料で資料請求
  • パンフレット・大学HPで志望校を決定
  • 高校3年8月:志望校のオープンキャンパスに参加
  • 高校3年9月:校内選考に応募・推薦者を決定
  • 高校3年10月:出願書類を明治大学に提出
  • 高校3年11月:面接試験(一部の大学・学部のみ)
  • 高校3年12月:合格発表

指定校推薦に限らず、大学入試のスタートは情報収集からはじまります。

今はネットから無料で大学公式パンフレットが資料請求できるため、まだの方は早めに取り寄せておきましょう。

ベテラン先生
ベテラン先生
大学公式パンフレットは数に限りがあります。
在庫があるうちに早めに資料請求しておきましょう!

早稲田大学の大学公式パンフレットを無料で資料請求する

【関連記事】
【完全版】指定校推薦で確実に合格する方法まとめ|最新合格マニュアル

早稲田大学の指定校推薦で合格できる学部・学科は?

早稲田大学の指定校推薦で合格できる学部・学科は?
新人先生
新人先生
指定校推薦で募集している学部・学科を解説します。
募集学部や人数は毎年見直されるため、必ず早稲田大学公式サイトで確認しましょう。

早稲田大学の場合、多くの学部で指定校推薦を実施しています。

特に法学部、商学部、文化構想学部など人気学部で毎年200人近く合格者が出ています。

近年、確実に入学者を確保できるため、各大学で指定校推薦の募集人数が増えています。早稲田大学も増加傾向にあり、狙い目の入試制度になっています。
指定校推薦を実施状況(過去の参考値)
  • 政治経済学部:89人
  • 法学部:161人
  • 教育学部:114人
  • 商学部:196人
  • 国際教養学部:32人
  • 文化構想学部:221人
  • 文学部:122人
  • 基幹理工学部:169人
  • 創造理工学部:150人
  • 先進理工学部:125人
  • 人間科学部:138人

早稲田大学の場合、ほとんどの学部で指定校推薦を実施。

指定校推薦の実施学部は毎年見直されており、上記はあくまで過去の実施状況を参考に記載しています。

具体的な募集人数は早稲田大学公式パンフレットをご覧ください。

指定校推薦の募集学部・募集人数は必ず大学公式パンフレットで確認しましょう。各高校の募集要項は学校の進路指導室でも確認ができます。

早稲田大学の公式パンフレットを無料で資料請求する

ベテラン先生
ベテラン先生
指定校推薦は一つの学部・学科しか受験できません。
あとで後悔しないためにも必ず事前に情報収集をしましょう!

【関連記事】
【完全版】指定校推薦で合格しやすいおすすめ人気大学ランキング

早稲田大学の指定校推薦に必要な評定・条件は?

早稲田大学の指定校推薦に必要な評定・条件は?
すた子
すた子
指定校推薦に必要な評定は?
新人先生
新人先生
早稲田大学の条件は高校によってかなり差があります。
同じ学部・学科でも各高校で条件が異なるため注意が必要です。

早稲田大学の指定校推薦は各高校でかなり差があります。

たとえばA高校では「評定平均3.6以上」でも、B高校では「評定平均4.0以上」ということがあるので注意しましょう。

早稲田大学に必要な評定
  • 政治経済学部:全科目の評定平均4.3以上
  • 法学部:全科目の評定平均4.3以上
  • 教育学部:全科目の評定平均4.0以上
  • 商学部:全科目の評定平均4.3以上
  • 国際教養学部:全科目の評定平均4.0以上
  • 文化構想学部:全科目の評定平均4.0以上
  • 文学部:全科目の評定平均4.0以上
  • 基幹理工学部:全科目の評定平均4.0以上(数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B及び「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」を履修)
  • 創造理工学部:全科目の評定平均4.0以上(数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B及び「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」を履修)
  • 先進理工学部:全科目の評定平均4.0以上(数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B及び「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」を履修)
  • 人間科学部:全科目の評定平均4.0以上(数学Ⅰ・Ⅱ・A・B及び「物化生地(基礎)」を一つ以上履修)
募集条件は高校ごとに異なるため、必ず高校の進路相談室または早稲田大学公式パンフレットで確認しましょう。

早稲田大学の指定校推薦は評定平均4.0以上でほかの大学よりも難易度が高め。

特に人気の政治経済学部、法学部、商学部は評定平均4.3以上で難易度はトップクラス。

さらに募集人数以上の応募がある可能性も高く、より高い評定が求められます。

欠席日数が40日以内など条件がある場合もあります。詳しくは早稲田大学公式パンフレットをご確認ください。

例年、人気の学部は校内選考を勝ち抜かなければ本選考に進めません。

できるだけ内申点を上げておくことが指定校推薦ではとても重要です。

ベテラン先生
ベテラン先生
指定校推薦の情報はほとんどの人が知りません。
指定校推薦について詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

【関連記事】
指定校推薦で落ちる人の特徴は?合格率や落とす大学を徹底解説

早稲田大学指定校推薦の日程・スケジュール

早稲田大学指定校推薦の日程・スケジュール
新人先生
新人先生
早稲田大学の指定校推薦は他大学の日程とほとんど変わりません。
具体的には次のスケジュールで実施されます。

指定校推薦は9月頃からはじまり、年内に合格発表があります。

まわりの受験生がセンター試験や一般入試でバタバタする前に合格できるのが指定校推薦の最大のメリットです。

  • STEP1
    指定校推薦の校内募集
    例年9月上旬に第一回校内募集があります。
    募集の来ている大学のなかから一つ(○○大学〇〇学部〇〇学科)を選択します。
  • STEP2
    校内選考
    第一回校内募集を締め切ると校内選考が開かれます。
  • STEP3
    推薦者の決定
    9月下旬にはすべての推薦者が決定します。
  • STEP4
    出願書類の準備
    10月の一か月間で出願書類を準備します。
    早稲田大学の場合、志望理由書の提出があります。
    他大学では毎年不合格になる学生も出ているため、最後まで気を抜かずに準備しましょう。

    【関連記事】
    指定校推薦で落ちる人の特徴は?合格率や落とす大学を徹底解説

  • STEP5
    出願書類の提出
    一番注意すべきは「出願書類の提出」です。
    過去に出願書類が提出期限までに届かず不合格になった実例があります。
    担任の先生に任せっきりにせず、必ず自分でも確認しましょう。
  • STEP6
    本試験
    早稲田大学の指定校推薦では、面接と小論文(一部の学部のみ)があります。
    校内選考が終わっても気を抜かず、合格まで集中して取り組みましょう。
  • STEP7
    合格発表
    合格発表が12月上旬〜中旬にあります。
    早稲田大学でも過去に不合格者が出ています。
    高校卒業までは行動に気をつけましょう。

    【関連記事】
    指定校推薦に落ちたらどうする?落ちたあとにすべきことを詳しく解説

指定校推薦のスケジュールは毎年見直されます。

受験予定の方は必ず早稲田大学公式パンフレットまたは大学HPで確認しましょう。

ベテラン先生
ベテラン先生
大学公式パンフレットなら指定校推薦から一般入試まで詳しく載っています。
受験する方は必ず無料の資料請求をしましょう!

早稲田大学の公式パンフレットを無料で資料請求する

早稲田大学指定校推薦の志望理由書

早稲田大学指定校推薦の志望理由書
新人先生
新人先生
早稲田大学の志望理由書は難しくありません。
記載する内容はつぎに詳しく解説します。

早稲田大学の指定校推薦では「志望理由書」を大学に提出します。

ただし記載する内容は他大学のものとほとんど同じです。

具体的にはつぎの内容を記載します。

志望理由書の記載内容
  • 本学志望の動機
  • 大学入学後にやりたいこと
  • 将来の目標・進路

文字数は作文用紙1枚程度。

文字数は多くないため、担任の先生に添削してもらいながら簡潔に記載しましょう。

なぜその学部・学科か、他大学との違いを深堀しましょう。情報収集は大学公式パンフレットを使うと簡単に比較できて便利です。
ベテラン先生
ベテラン先生
志望理由書は面接でも使用します。
必ず担任の先生に添削してもらい、納得のいくものを提出しましょう!

早稲田大学指定校推薦の面接内容

早稲田大学指定校推薦の面接内容
新人先生
新人先生
早稲田大学の指定校推薦では面接があります。
しかし試験内容は毎年見直されるため、最新情報は早稲田大学公式パンフレットで必ず確認しましょう。

早稲田大学の指定校推薦では面接があります。

立教大学など面接がない大学もありますが、早稲田大学では面接対策も必須です。

面接では早稲田大学で学びたいこと、チャレンジしたいことが聞かれます。必ず早稲田大学公式パンフレットで授業内容やカリキュラムを確認しておきましょう。

指定校推薦の面接で聞かれる内容は主に3点。

突拍子もない質問は来ないため、次の3つを自分なりに深堀しましょう。

指定校推薦の面接内容
  • 本学志望の動機
  • 大学入学後にやりたいこと
  • 将来の目標・進路

面接で聞かれる内容は志望理由書とほとんど同じ。

志望理由書を書く際は、面接で話すことを前提に書くことが大切です。

面接官は志望理由書を見ながら質問をします。記載している内容と矛盾がないように事前にコピーを取るなど内容を覚えておきましょう。

具体的な質問内容は次のとおりです。

回答を事前に用意しておくことで安心して面接に臨めます。

具体的な質問内容
  • 自己紹介を簡潔にお願いします。
  • 早稲田大学を志望する理由を教えてください。
  • なぜ〇〇学部〇〇学科を志望しましたか?
  • 自分の強みはなんですか?
  • 自分の弱みはなんですか?
  • 本学入学後にやりたいことはありますか?
  • 高校時代に夢中になっていたことはありますか?
  • 大学卒業後の目標はありますか?
  • オープンキャンパスに参加しましたか?
  • 本学について何で調べましたか?
  • 一般入試ではなく、指定校推薦を選んだ理由を教えてください。

面接練習はノートに回答を書いてから何度も繰り返し声に出すことが効果的です。

家族や担任の先生といっしょに練習すると本番でもスムーズに受け答えができます。

ベテラン先生
ベテラン先生
面接練習は声に出すことが大切!
確実に合格できるようにしっかり練習しておきましょう。

【関連記事】
指定校推薦と一般入試はどっちが正解?両方受験することはできる?

早稲田大学の指定校推薦の小論文はどんな内容?

早稲田大学の指定校推薦の小論文はどんな内容?
新人先生
新人先生
早稲田大学の指定校推薦では一部の学部で小論文が実施されます。
ただし難易度は高くないため、しっかり準備すれば不安になる必要はありません。

早稲田大学の指定校推薦では一部の学部で小論文が課されます。

ただし、内容はそこまで難しくないため直前に対策するだけで十分対応可能です。

参考までに過去の出題例は次のとおり。

  • 今世紀中に実現できそうな技術についてあなたの考えと述べよ
  • 災害時におけるSNSの活用についてあなたの考えを述べよ
  • 科学技術の進歩は、私たちにどのような未来をもたらすと思うか etc.
ベテラン先生
ベテラン先生
早稲田大学の試験内容を詳しく知りたい方は早稲田大学のパンフレットを資料請求しましょう。

早稲田大学のパンフレットを無料で資料請求する

早稲田大学の指定校推薦は落ちる?合格率はどれくらい?

早稲田大学の指定校推薦は落ちる?合格率はどれくらい?
新人先生
新人先生
早稲田大学の指定校推薦でも過去に不合格者が出ています。
ここでは指定校推薦の合格率を解説します。

早稲田大学の指定校推薦はほとんどの学部で実施。

そのため多くの受験生が指定校推薦を受験します。

早稲田大学指定校推薦は落ちる?
  • 早稲田大学では多くの学部で指定校推薦を実施
  • 早稲田大学の指定校推薦でも過去に不合格者が出ている
  • この記事を参考に対策すれば落ちることはまずない

指定校推薦で落ちる人には特徴があります。

指定校推薦で落ちたくないは必ずチェックしましょう。

ベテラン先生
ベテラン先生
しっかり対策すれば落ちることはまずありません。
まずは早稲田大学公式パンフレットで情報を集めから始めましょう!

【関連記事】
指定校推薦は落ちる?合格率や落とす大学を徹底解説

早稲田大学の指定校推薦は共通テスト受験が必須?

早稲田大学の指定校推薦は共通テスト受験が必須?
新人先生
新人先生
早稲田大学では2021年度入学者から共通テストの受験が必須になりました。
指定校推薦でも一部学部を除いて共通テストを受験しなければいけません。

以前までは指定校推薦合格者は共通テスト(センター試験)の受験は自由。

しかし2021年度入学者から次のとおり共通テスト受験が必須に変更になっています。

早稲田大学の共通テスト
  • 2021年度入学者から共通テストのうち「英語、国語、数学(I・A)」の受験が必須
  • 対象は10学部(政治経済学部・法学部・文化構想学部・文学部・教育学部・商学部・基幹理⼯学部・創造理⼯学部・先進理⼯学部・⼈間科学部)
  • 国際教養学部は英語外部検定試験、英語での面接等を実施するため、共通テストは不要
  • ただし合格発表は12月のため共通テストの結果は合否に影響しない

共通テストは全学部必須ではなく、国際教養学部は除外されます。

また受験科目も「英語、国語、数学(I・A)」のみ必須のため、全教科勉強する必要はありません。

共通テストの結果は指定校推薦の合否に影響しません。ただし、クラス決めなどに活用されるため、できるだけ高得点が取れるように準備しておきましょう。

英語はクラス別授業で単位数も多いため、優先して勉強しましょう。

特にTOEICは就活でも有利になるため、時間があるうちに取り組んでおくのがおすすめです。

新人先生
新人先生
英語を含めて大学入学前の学習にはスタディサプリ高校講座が便利!
月額2千円程度で全教科勉強できてコスパも抜群です。

スタディサプリ高校講座を14日間無料で体験する(公式サイト)

【関連記事】
【体験談】スタディサプリ高校講座の料金・評判を徹底解説

まとめ|早稲田大学の指定校推薦に必要な評定は?合格率や落ちる人の特徴を詳しく解説

まとめ|早稲田大学の指定校推薦に必要な評定は?合格率や落ちる人の特徴を詳しく解説
新人先生
新人先生
最後にこの記事のまとめです。
この記事のまとめ
  • 早稲田大学の指定校推薦は人気の法学部、政治経済学部も受験可能
  • 評定平均は最低4.0以上必要(高校によって多少前後)
  • 指定校推薦の募集は例年9月上旬ごろ
  • 指定校推薦を受験するには校内選考を突破する必要がある
  • 出願書類、面接、小論文で合否が決まる

早稲田大学の指定校推薦は人気が高く、募集人数以上の応募があります。

指定校推薦に応募すると校内選考で「だれを推薦するか」を決定します。

【関連記事】
指定校推薦の校内選考とは?経験者が詳しく解説

校内選考を通過すると合格も目前。

早稲田大学の場合、志望理由書だけでなく面接や小論文もあります。

早稲田大学の指定校推薦はほとんど落ちることはありません。しかし過去には不合格者も出ているため、最後まで気を抜かずに取り組みましょう。

指定校推薦は落ちることはないと言われますが、早稲田大学以外に慶應義塾大学など他大学でも毎年不合格者が出ています。

真面目に受験しないと落ちることもあるため、「どういう人が不合格になるのか」を事前に知っておきましょう。

指定校推薦で不合格になる理由は「指定校推薦で落ちる人の特徴は?」をご覧ください。
ベテラン先生
ベテラン先生
指定校推薦は内申点がとても重要!
どうしても指定校推薦で合格したい方は関連記事もご覧ください。

【関連記事】
指定校推薦で確実に合格する方法を完全解説